サイト製作の質問をしよう


 さて、いよいよ質問をする段階まで来ました。
 個人的には見知らぬ人とコミュニケーションを取る訳ですから 適度な敬語をお勧めします。
 また、同様の質問を複数の掲示板で同時に質問すること大変失礼です。絶対に止めてください。
(私はこれが一番嫌いです。)


 それでは続けます。
質問時に気をつけて欲しいことは、質問前に事態を把握して 置く事です。
 そして、具体的に質問してください。

 「HPを作ってて分からないんです。教えてください。」という風に質問されると大変困ります。
(本当にあるんです。コレ。)
 このような質問の仕方だと返事は間違いなく、
「何がわからないのか分かりません。もう少し具体的に質問してください。」
と返ってきてしまいます。

 そこでやっと「どうやっても自分のページが文字化けます。対策方法は無いですか?」と
問題解決の糸口となる回答を出せる発言となりしたね。
 しかしながら、次のように質問をして頂けると非常に滑らかなやり取りが行われます。
「ここをこうしたいんだけど、何か方法はありませんか?」とか「リンクを張ったら
下線のある文字じゃなくて、そのままURLが表示されました。どこがおかしいのでしょう」
という感じでです。このように質問して頂ければ、『おそらくタグの「”」や「>」を閉じ忘れています』
という風にスムーズに「質問」→「回答」→「解決」と とても簡潔に終了できます。

 また、どんな症状なのか上手く説明できない時でも、問題の起きているページのアドレスが
あれば、こちらで症状がつかめる事があります。
 逆にどんなに詳しく説明されても問題のページのアドレスがないと、原因を絞り込んだ
適切な回答ができません。
 どんなに名医でも電話で「お腹がすごく痛いんです。」と説明されても、それが盲腸なのか、
食べすぎなのかを判断するには、患者さんを診る必要があるんです。
必ず、問題のページのアドレスを書いてください。

 さて、先に書いたように掲示板はたくさんの質問と解決方法を溜め込んで指南書とするのが
目的です。ところが、掲示板はサーバーへの負担を考えて溜め込む発言数を数百件程度に
抑えるのが普通
です。
 もし、あなたが検索をしないで過去にある全く同じ質問をしてしまったら、
また、質問文に必要な情報がかかれてなく、回答者とのやり取りが大幅に伸びてしまったら、
どうなるでしょうか。
 あなたが新たな質問を書き込むと、掲示板の過去ログから一番古い質問が1つ消えます。
回答者とのやり取りが伸びてしまったり、検索をしないで質問をしてしまったりと、
余分な書き込みをすればするほど、古い書き込みは消えていきます。
 そして別の人が、「検索してなかったから」と再び消えてしまった同じ質問が出てきたりします。
 前の質問者が適切な質問法を取っていれば、消える事がなかった解決策が
消えてしまって、本当は書き込む必要が無かった同じ質問をする質問者は、
回答を待つ時間を無駄にしなくて済むし、そこで新たな書き込みのために、
別の質問が消えて行く事も抑えられるのです。(そして、サポートもしやすいのです。)

 と、ここまで短くを強調してきましたが、必ずしも質問を「質問」→「回答」→「解決」の
3つのステップで済ませる必要はありません。
 回答の中でもし分からないことがあれば、当然聞き返しても構いません。
 ただ、サポーターは意図的にヒントしか答えない場合もあります。
安易にすぐ聞き返すのではなく一度もらった回答を考えてみていかがですか?
 それでも分からない時は、再び何処がわからないのかを具体的に質問をしてくださいね。

最後に我々が発言数をコンパクトに纏め上げる為に、どうしても 欲しい情報を書いておきます。
ぜひ、情報公開をしてください。


質問ガイド項目

 ・どんな質問なのかがわかるタイトルをつける。
 ・どんな問題なのか、どうしたいのか等の具体的な要望。
 ・問題の起きているページのアドレス。
 ・WindowsなのかMacintoshなのか。また、いまこのページを見ているソフトは何か。
  (Internet Explorerなのか、Netscapeなのか。出来ればバージョンも)
 ・FrontPage ExpressやPageMillなどの製作ソフトを使っている場合は明記しましょう。
 ・FTPソフトも書いて置くと細かい説明をもらえる場合があります。



BACK HOME NEXT

Ads by TOK2