松本充代のおおよそ

1982年月刊漫画誌「ガロ」でデビュー。故長井勝一氏と香田明子女史に大変お世話になりながら1986年頃より漫画とイラストで生活を始める。
手掛けたジャンルは新聞、学習誌、トレンド系情報誌、ファッション誌、女性週刊誌、タウン誌、PC関連誌、生活情報誌、ママ雑誌、実用書、素材集、各種単行本、ムック本、社内報、Web、少年漫画誌、青年漫画誌、少女漫画誌、レディースコミック、H系男性誌、マニア誌等、多種多岐に渡る。
今はなき「パンチザウルス」にてルポまんがもどきをやったことから、「スーパー写真塾」でルポコミの連載を3年ほど持ち、色々な経験をさせてもらう。が、天性の高速忘却力により何をやったか今は思い出せない。同じ事がやはり「女性自身」で3年も続いた実用漫画経験にも言え、得た知識は全て右から左へ音速ですりぬける。おかげで常に新鮮な気持ちで仕事をすることが出来るのだった。
ルポコミをやった事で、各誌から同じような体験漫画やイラストの仕事が入り出し、現在でもたまにやっている。
オリジナルの漫画はなぜか(分かっている人も多いと思うが)どの漫画誌でも続かず、へこたれぎみ。そんな中でも新生「ガロ」(現在の「ガロ」の前)、「アリスクラブ」、「コミックビーム」には定期的に漫画を発表出来、満足。また面白かった点で言えば、SMマガジン「ビザール」、レズビアンマガジン「アニース」は1〜2作ではあるけど楽しく描かせてもらった良い思い出。
しかしこのとこ漫画らしい漫画を1本も描いていず、ヒマを持て余して日中なかなか仕事場へ現れず、「松本さんは携帯かけてもつながらない」「現代の利器も豚に真珠」と関係者に多大な迷惑をかけている。ここをかりて平謝り。
で、只今漫画を大々的に描かせてくれるところを募集中である。

 
 

 

Ads by TOK2