UG Univ. 脱ゴーマニズム研究所

上杉聰凶呪の業責を毀念して建てられた,従軍慰安婦問題,反日学,日本悪哲学の総合研究所です.
4年生の段階で,悪哲学科,偽史学科などから学生を受け入れております.
下の「脱ゴー宣」裁判を楽しむ会の会議室(現在は閉鎖)のやり取りの記録で,凶呪の業責の一部が見られます.

“脱ゴー宣裁判を楽しむ会議室”ログ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14LZH書庫 ZIP書庫 TGZ書庫 TAR.BZ2書庫

研究陣

凶呪:上杉聰/助凶呪:今井恭平/客淫凶呪:ヘンリク・ボルク(着任挨拶)/乞死:akaki/序朱:あれく/

所長挨拶

慰安婦問題を商売とする者として

 は、ソ連をはじめとする共産主義崩壊反日左翼標榜している私たち食い扶持とアイデンティティー奪いかねないのに堪えかね「慰安婦」問題でっち上げることにしました
 ただし、慰安婦問題で食っていくためには、ウソが不可欠であることを感じそれが可能か調査するところから出発しました
 このウソに荷担してくださることになる出版社も、社長をはじめとしてこの作業を開始され私たちウソは可能であると言う結論を得て、執筆と出版の準備に入りました
 しかし、慰安婦に関するウソが確立していない中で、訴訟を提起される可能性を残しつつ、なお、私たち食っていくために、国を売るために、ぜひ出版したい、それが左翼としての、あるいは売国奴としての責任のとり方だろうという思いで、なんとか慰安婦本の出版までこぎつけました
 おかげさまで、ささやかなこの試みについて、多数の反日左翼からお誉めをいただき、やってよかったという思いに満たされました。しかし、反動右翼は直ちにウソを暴くための運動起こしました
 これに対して、多くの左翼の皆さんが「慰安婦問題で食っていく会」をつくり、シナやコリアが内政干渉するための地ならし懸命にしてくださり、また応援や有益なアドバイス多数得ることができました
 そうした支えと高木健一氏をはじめとする反日弁護士さんたちによる卓抜したインチキ運動展開によって、さらには宮沢喜一氏河野洋平氏などの御協力もあり国家強制連行というウソ認めさせることができました
 皆様に深く感謝したいと思います。
 この運動は、形の上では慰安婦の強制連行が認められたという意味で画期的であり、また、私たち新たな食い扶持、アイデンティティーの確立、アジア諸国の我が国への内政干渉の道を開いたという観点からも大きな意味があります
 ただにとってはそれ以上に、今日の勝利をまず吉田清治氏にお伝えし、詐話師の勝利でもあることをお知らせし、喜んでいただきたい思います
 これを機会には、反日、売国の言論活動いっそう充実させるために全力を傾けたい思います
 皆さん、どうもありがとうございました。

X X X X X X X

上杉某

*↑“慰安婦問題を商売とする者として”はグーデリアン氏の執筆です.

Indexへ戻る

Ads by TOK2