ひととせ                                                                      一歳    

 

 

オレンジの靴が片方だけ飾られた服屋を通り過ぎる霜月

 

 

おれんじのくつがかたほうだけかざられたふくやをとおりすぎるしもつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不味そうな顔ばかりしてコーラ飲む君の眉根にキスする師走

 

 

 まずそうなかおばかりしてこーらのむきみのまゆねにきすするしわす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モロゾフのチョコレートもう一つだけ彼の「そうや」が聞きたい睦月

 

 

もろぞふのちょこれーともうひとつだけかれのそうやがききたいむつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かいベッド以外の場所でしてそのまま死んでみたい如月

 

 

 あたたかいべっどいがいのばしょでしてそのまましんでみたいきさらぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸善の地階に降りる階段に座って詩しか書けない弥生

 

 

まるぜんのちかいにおりるかいだんにすわってししかかけないやよい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近代の裸婦展のポスターの前でワンピースの君みつける卯月

 

 

 きんだいのらふてんのぽすたーのまえでわんぴーすのきみみつけるうづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がまた「無駄遣いだよ」「分かってる」気難しげな靴買う皐月

 

 

きみがまた「むだづかいだよ」「わかってる」きむずかしげなくつかうさつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お話をせがむ手を見て意地悪にコーラで口を湿す水無月

 

 

 おはなしをせがむてをみていじわるにこーらでくちをしめすみなづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーラシア大陸にある湖の数だけ夢を見よう文月

 

 

ゆーらしあたいりくにあるみずうみのかずだけゆめをみようふみつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう切ると一日おきに言う君の髪はそれでも伸びてく葉月

 

 

 もうきるといちにちおきにいうきみのかみはそれでものびてくはづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯れ枝は観音の手のように在り終わったものが積もる長月

 

 

かれえだはかんのんのてのようにありおわったものがつもるながつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあいつか太宰の歳を追い越したことに気付くのかな神無月

 

 

 じゃあいつかだざいのとしをおいこしたことにきづくのかなかんなづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Kazuhisa UETUKI

Kazuhisa UETUKI
april@yubin.co.jp

 

Ads by TOK2