太陽の帝国
EMPIRE OF THE SUN


ジャンル  ドラマ
キャスト  クリスチャン・ベール/ジョン・マルコビッチ/ミランダ・リチャードソン/ナイジェル・ヘイヴァース/伊武雅刀/ベン・スティラー
監  督  スティーブン・スピルバーグ
脚  本  トム・ストッパード
原  作  
音  楽  ジョン・ウィリアムス
制作年度  1987年
制 作 国  アメリカ
配給会社  ワーナー・ホームビデオ
ストーリー  1941年、上海。そこで両親と共に幸せに暮らすイギリス少年ジムは、日本の零戦に憧れる無邪気な少年だった。
 徐々に身近に迫ってきている戦争も彼には遠い世界の出来事だった。
 ところが日本軍が上海に侵攻。その攻撃は彼らの足下にまで及び始める。
 混乱は一気に広がり、その中でジムは両親とはぐれ1人ぼっちになってしまう。
 両親に守られ生きてきた少年が、世界戦争の中にたった1人で放り込まれ生き抜いていかなければならなくなった時・・・。
 彼が成長していく姿を描く、反戦ドラマである。


以下にオチばれコメントがあります。
すでに鑑賞済みの方、鑑賞意志の全く無い方、オチばらされたって構わないぞという方のみご覧下さい。
後で文句言われても受け付けません。
なお鑑賞の感想は随時募集しており、いただいたコメントは以下に追加させていただきます。



























































オチばれコメント

■ワタクシの感想 (;_;)
 この映画を見終わった後の余韻がなんとも・・・。
 スピルバーグの作品としてはどっちかっていうとマイナーっぽいんですけれども、ワタクシはとても好きです。
 クリスチャン・ベール、彼はすごいです。
 映画の始まり、彼は金持ちのぼんぼんです。どっからどー見てもそうとしか見えません。
 映画のラスト、彼は野生児です。1人でたくましく戦争を生き抜いてきて、戦争の終結と供に行き場がなくなりとまどってます。
 そのギャップ。とても同一人物が演じていたとは思えません。ですが映画の流れの中に違和感がありません。いきなり顔が変わったわけではなく、彼が強くなるたびに変わっていってるわけです。
 だから最初と最後のシーンを比較して初めて、その変わり方に驚きます。
 父親すら彼を見分けることができませんでした。(が、母親はちゃんとわかります。その辺がまた良いのです。母は強し)
 この映画はとにかくラストもラスト。クリスチャン・ベールの顔から目のアップ。それが全てを物語ります。
 あ〜切ない。
Ads by TOK2